読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「陽だまりの彼女」感想

監督:三木孝浩


切望に生まれ変わりを期待してしまう。
再び会えること。
奇跡だなんて言わないで。思わないで。




江の島を舞台とした恋愛映画。
主人公オクダコウスケは25歳の冴えないサラリーマン。仕事もプライベートも決して順風満帆とは言えない。
ある日、偶然中学時代の同級生マオと再会した。12年越しに会ったマオは強く美しく成長していた。コウスケとマオが惹かれ合うのに時間はかからなかった。
しかし、マオはコウスケに重大な秘密を隠していて…………。



観賞後、とりあえず江の島に行きたく、あと出来ればデートがしたくなります。
とにかく、デートがしたい!!!あぁデート!!!
ロケ地巡りを兼ねてデートをしよう。
ついでににゃんこ探しもしよう。
にゃんこを探しつつ、本当の君を探しにいこう。

嘘も方便。優しい嘘なら幾つでも許そう。
ただ、願わくは…
そんな嘘を見抜いてほしい。



会社の後輩から勧められてこの映画を観たが、次後輩に会ったら「よかったよ」と言ってあげよう。誉めてあげよう。

でもね、後輩くん。
あらすじを説明する際、オチまで言うのはどうだろうか。
普通さ……………笑


まあ、オチを知っている状態でも楽しめたから良しとしよう。

「帝一の國」感想

監督:永井聡



f:id:azatan:20170524214427j:plain



野心が、とまらない!!!


古屋兎丸原作の同名漫画が元となった作品。

いや~~~~~~~~~~~~~

面白かった!!!!

てっきり、今時の若手イケメン俳優を揃えた映画だと思っていました。


いや、なんかもう本当にごめんなさい。


こんなに面白いとは……………


これは面白いわ。


舞台はエリート高校の生徒会。
この学校で生徒会長を務めたら、政界への道が保証されている。

政界へ……そして、総理大臣へ………

生徒会長の席はもちろん1席だけ。
賢いエリート達が生徒会長の席を狙って熱き闘いを繰り広げるお話です。


みんなキャラが立っていて素晴らしい!

あと、はまり役!!

みんなはまり役!!


竹内涼真にきゅんきゅんした女性、たっくさんいると思う。


続編やってほしいわ~~~~~~~~。



イケメン映画ではありません!!!


いや、イケメンはイケメンなんだけど………


トーリーが素晴らしい!!!


観て!ぜひ映画館で観て!


エンディングまで良いから最後まで観てほしい!!

後妻業の女

監督:鶴橋康夫


2016年度大竹しのぶのPV作品とも言えよう!!!!
小夜子は大竹しのぶにしか出来ない。
大竹しのぶが小夜子を演じてくれて嬉しかった。



原作とラストはちょこっと違います。
私は映画の方が好きかな~。
と言うより、大竹しのぶの小夜子が好きかな~。

出てる役者全てに無駄がない。

大阪のガチャガチャした感じ(大阪の方、ごめんなさい)が当てはまる。


ジャニーズの風間は、こういう役すごく合うなあ。


面白かった!!!!!!!


話は面白いし、可愛い女の子のおっぱい見れるし、
男性にとっても良いと思いますよ。

だれかの木琴

監督:東陽一


http://darekanomokkin.com/


うーんうーんうーん……………


なんだろうなあ。


池松くんのファンしか楽しめない映画です。


f:id:azatan:20170502191954j:plain

f:id:azatan:20170502191935j:plain

f:id:azatan:20170502191946j:plain


何か満たされない思いを抱えている主婦が若い美容師に一目惚れし、ストーカーまがいの行動をするお話です。
美容師と主婦が身体を重ねることはありません。
ただただ、主婦の一方的なストーカーです。

これさ、主婦役が常盤貴子だから許せるけど

これが美人じゃなかったり、まして男女逆転だったら……


考えるだけで恐ろしい

sing

監督:ガース・ジェニングス



f:id:azatan:20170430100315j:plain



f:id:azatan:20170430100323j:plain



f:id:azatan:20170430100329j:plain



後味悪い作風が大好きな自分が

「ハッピー」映画っていいなあ…って心変わりせざるを得ない作品です。

コンピューター感のある綺麗なイラストってなんか抵抗があったんだけど、
今となっては可愛いとしか思えない。

中身が可愛いと外見も可愛くみえるんだなあ。

ミュージカルアニメ映画です。
可愛い可愛い動物たちが名曲をカバーしています。
吹替版をオススメしたい!!!!

長澤まさみが素晴らしい。
アラサー世代で一番魅力的ではなかろうか。


廃業寸前の劇場を営むネズミのバスターは劇場の再起を掛け、歌のオーディションを開催する。
オーディションに集まった者達もバスター同様、現状を変えたいと志を持った方達ばかりだった。
新しい人生を切り開きたい!!!
その思いは果たして叶うのだろうか……。


不安をバネに立ち向かおうとする姿に胸が打たれます。

「ローグ・ワン スターウォーズ・ストーリー」感想

監督:ギャレス・エドワーズ



f:id:azatan:20170429205145j:plain



冬頃、交際していた男がスターウォーズマニアで
俺色に染まるタイプの私はスターウォーズの虜となった。というか、無理矢理虜となった。
SF系に興味のない自分は1回観ただけじゃ魅力がわからず
レビューとか過去の記事とか大量に調べる羽目となる。


ローグワンを一緒に観に行こう!
だから、 1~6を全部観て!!!!



と言われ、見ましたよ……


僅か2週間で6作…………


別に私、暇じゃないんだけどな。


4、5、6、1、2、3と順番通りに見まして


年代順だと123←ここ456にあたるそうで。


みた当時は


おー!!!すごい!!!!!


レイア姫!!!R2-D2!!!!


って大興奮した。


俺色に染まる必要がなくなってから、スターウォーズのこと
全然頭になかったけど





よく出来た映画ってなんかふと思い返した


ただ、色々思い返しちゃうから


やっぱりスターウォーズは封印させて